わらばーぶろぐ

訪問していただきありがとうございます  日々思ったことを書き連ねていきたいと思います

社内輩(しゃないやから)、職場内輩(しょくばないやから)

 関西でよく使われる「輩(やから)」とは、言葉が省略されていますが「不逞の輩」のことを指し、身勝手に振舞う奴。道義に外れた行いをする者。という意味のようですが、言い換えますと、他の人に対しておらおら状態の人、ヤンキー、柄の悪い人、素行の悪い人を指したりします。

 

 さて、私が今考えた造語である「社内輩(しゃないやから)」、「職場内輩(しょくばないやから)」とは、社外、職場外ではごく普通の人ですが、社内や職場内では部下に対して輩(やから)の行動をする人のことです。

 

 いわゆる、社長、経営者、上司、先輩で部下や社員に対するパワハラ行為を行う人のことを指します。

 

 世の中の職場にはこのような社内輩(しゃないやから)、職場内輩(しょくばないやから)がごまんといると思います。

 

 社内輩(しゃないやから)、職場内輩(しょくばないやから)、パワハラの弊害は自殺、うつ、ノイローゼ他たくさんあると思います。

 

 社内輩(しゃないやから)、職場内輩(しょくばないやから)、パワハラは世の中から根絶すべきだと思います。

 

広告を非表示にする