読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わらばーぶろぐ

訪問していただきありがとうございます  日々思ったことを書き連ねていきたいと思います

クラブ内輩(くらぶないやから)、部活内輩(ぶかつないやから)

 関西でよく使われる「輩(やから)」とは、言葉が省略されていますが「不逞の輩」のことを指し、身勝手に振舞う奴。道義に外れた行いをする者。という意味のようですが、言い換えますと、他の人に対しておらおら状態の人、ヤンキー、柄の悪い人、素行の悪い人を指したりします。

 さて、私が考えた造語である「社内輩(しゃないやから)」、「職場内輩(しょくばないやから)」は社会人やサラリーマン、OL、パートタイマー、アルバイト等仕事での話になります。

 一方、学校内の場合はクラブ内輩(くらぶないやから)、部活内輩(ぶかつないやから)が数多く存在すると思います。

 特に体育会系のクラブ活動の場合が多いのですが、クラブの監督やコーチなどの教師や先輩で学生や後輩に対してパワハラ行為を行う人のことを指します。

 世の中の部活内にはこのようなクラブ内輩(くらぶないやから)、部活内輩(ぶかつないやから)がごまんといると思います。

 クラブ内輩(くらぶないやから)、部活内輩(ぶかつないやから)については学校内という閉鎖的な場所の中のため暴言だけでなく暴力行為にまで発展することがあります。

 いじめにまで発展し、登校拒否や自殺まで進展する場合があります。

 社内輩(しゃないやから)、職場内輩(しょくばないやから)同様に、クラブ内輩(くらぶないやから)、部活内輩(ぶかつないやから)は世の中から根絶すべきだと思います。